最終更新日:2018/09/07

突然の電話連絡

契約書発想より、約1ヶ月。ついにソフトバンク(の提携業者)から
「現地調査」についての電話連絡がありました。

 

電話での印象は◎。
太陽光発電の見積り等を通じて、今回初めて女性からのお電話でした(笑)。

 

我が家は自宅の所有者は主人ですが、契約書の連絡先は私の番号にしてあったので、
「所有者の方とお話ししたいのですが…」と言われました。
「仕事で出ている」旨を伝えると、
「では、所有者様から今回の件は一任されている、ということでよろしいですか?」とのこと。

 

融通の利く対応をしていただきました。

ついに現地調査!

電話では、現地調査の日時が指定されました。
「おうち発電プロジェクト」では件数が多いため、地域ごとにまとめて回っているようです。
「○月×日ですが、ご都合はいかがですか?」とのこと。
最後まで感じの良い応対をしていただき、現地調査の日程が決定しました。

訪問

実際に現地調査に来たのは、「町の電気屋さん」風の男性2人でした。
まずは名刺をいただき、これからの調査についての説明がありました。
調査の箇所は

室内

  • 屋根裏の垂木の太さや間隔
  • パワコンの設置可能場所

屋外

  • 屋根の状態
  • 分電盤・売電メーターの設置場所
  • 影や日照の確認

全部で1時間〜1時間半ほどでした。

現地調査の感想

誰・・・?

「おうち発電プロジェクト」では、メーカーにより施工業者が指定されています。
我が家は「サンテック」だったので、「株式会社大丸総合企画」か
「株式会社フォトボルテック」のはずですが、
実際に調査に来たのは「○○電気」さんでした。
施工は指定の会社だけど、調査は別なの?というか、誰・・・?
というのが正直な第一印象でした。

丁寧な調査・外回り

名刺をいただき、丁寧なあいさつをしていただいた後、
「まずは外回りを確認いたします。」とのこと。
現在の買電メーターの位置の他、分電盤や売電メーターの設置場所、配線、
屋根の状態や影の影響等、写真も数点撮っていました。

丁寧な調査・屋内

屋根裏

次に室内に入り、屋根裏の確認をしました。
もちろん脚立を使用しましたが、壁や床にキズが付かないよう、
十分に配慮されています。
クローゼットの天井より屋根裏に入り、垂木の太さや間隔を確認。
こちらでも写真を撮っていました。
我が家は小屋裏収納がなかったのでクローゼットから侵入?しましたが、
小屋裏収納のあるお宅は、もっと簡単に屋根裏のチェックが可能だと思いました。

パワコン

その後、ブレーカーの位置を確認。
パワコンは配線の関係上、現在のブレーカーの近くが一番いいそうで、
我が家の場合は「玄関から見える」位置になってしまうそうです。
気になさる方もいらっしゃるようですが、我が家では特に問題視はしていません。

調査結果の説明

調査が終わったところで、全体の説明がありました。我が家の場合、

  1. 影の影響は心配ない
  2. 分電盤を北側に設置する可能性がある。
  3. 売電メーターが現在の買電メーターと離れた場所に設置の可能性がある。
  4. 屋根の傾斜があるので、安全対策として足場の設置が必要。

2・3については、我が家では大丈夫なのですが、問題は4番の「足場」です。
「おうち発電プロジェクト」では、設置その他の費用は全てソフトバンク負担です。
「足場」が必要ということは、それだけ設置費用が割高になります。
調査に見えた方も「設置するかどうかはソフトバンクの判断」とおっしゃっていました。

全体の感想

最初は「誰・・・?」でしたが、丁寧に対応・調査していただき、満足しています。
件数の多さ、対象地域の広さを考えれば代理店(下請け?)業者が来るのもわかります。
ただ・・・最初の電話で「○○という者が伺います」くらい、話があってもよかったのでは…とも考えてしまいました。

今後の流れ

無事に現地調査も終わり、今後は調査結果をうけてソフトバンクがどう判断するか
の結果待ち状態です。

 

調査に来てくれた方の話では、大変込み合っているので、
結果の連絡が来るのは3〜5週間後だろう、とのことでした。

 

またしばらく、連絡待ちの日々です。

アクシデント!?サンテックパワー破産手続き

3月20日、「サンテックパワーが破産」とニュースで流れました。(詳しくはコチラ
我が家もサンテックの設置予定ですので、急きょ対応についてソフトバンクに問い合わせました。

サンテックパワーが破産申請しましたが、今後変更はありますか?

ソフトバンクが契約しているのは「サンテックパワージャパン」となっており、
今回の倒産の影響はありません。
工場についても問題なく稼働しています。

サンテックパワージャパンが、万一日本から撤退等になった場合、保障は…?

保障やメンテナンスに関しては、契約期間である20年間は、
ソフトバンクが責任を持って対応いたします。
パネル等の交換が必要になった場合も、その時の状況(入手可能かどうか)を判断し、
契約期間中に不便をかけることのないよう対応します

20年後、どのメーカーならば確実に生き残っているか、は誰にもわかりません。
今回はソフトバンクの「責任を持つ」という言葉を信じることにしつつ、様子を見たいと思います。

結果報告

3月下旬、遂にソフトバンクから「現地調査の結果」が届きました。

 

結果は…「不合格」
「条件を満たさなかった」ため、申し込み取り消しとなりました。

 

自分たちなりに検討した結果
「おそらく足場代がかかるから」ではないか、と思います。

 

今回は残念ですが、我が家の場合は

「安全対策をしっかりと考えている業者は足場を設置する」

と分かっただけでも、いい勉強になりました。

 

おうち発電プロジェクト
画像クリックで拡大できます