最終更新日:2017/05/15

一括見積りの流れ・その1 ネットで申し込み

 

一括見積の手順

 

郵便番号や住所・氏名、築年数、依頼内容(簡易or訪問)等を入力

 

屋根の横の長さ等、多少面倒な項目もありますが、
わからなくても問題ありません

 

我が家は「簡易見積り」を依頼しました。
入力必須項目は色つきになっているのでとても見やすいです。

 

また、備考欄もあるので、希望のメーカーや連絡可能な時間帯等入力できます。

 

一括見積の手順

 

見積り依頼する販売業者を選ぶ

 

 

郵便番号より、該当エリアの販売業者が紹介文付きですでにリストアップされているので、何社かチェックをいれます。

 

(紹介される販売業者が何社かは地域により異なります。
我が家は2社でした^^;)

 

一括見積の手順

 

依頼した販売業者より連絡が入る

 

早い業者は数時間で簡易見積りをメールで送付してくれました。

 

別の販売業者も当日or翌日中に連絡があり、訪問の約束ができます。

 

この【3ステップ】で見積り依頼は完了です!
後は業者からの連絡を待ちましょう。

 

一括見積もりサイトは数多く存在しますが、どのサイトも同じような流れです。

 

『どの一括見積を利用すれば・・・?』と迷った場合は、
【一括見積もりサイトの比較一覧】を参考にして下さい。

 

一括見積りのながれ・その2 実際に訪問

 

訪問前に図面を用意しておく

見積りを出していただく際に、
「立面図」と「平面図」が必要なケースが多いです。

 

事前の電話連絡の際に説明があると思いますが、予め用意しておくとスムーズです。

 

相談開始

各販売業者により、おススメのメーカーやセールスポイントが違います。
じっくりと話を聞いてみましょう。

 

屋根の向きや影などで気になる点があれば遠慮せずに質問し、
担当者の反応も見極めます。

 

言葉を濁したり、具体的な説明がない場合はその業者は避けたほうが無難です。

 

見積り提示

各販売業者より、見積り・シュミレーション・設置図面等が提示されます。

 

メーカーによってシュミレーションが出るまでの時間が違いますが、
10日前後かかる場合が多いようです。

 

比較・検討後、契約

複数社に見積りを依頼したことで、
自宅に最適のメーカー・システムが選べるようになります。

 

太陽光発電システムは価格ももちろん大切ですが、
生活時間帯・発電量・保証等も充分に考慮し、
信頼できる販売業者に決めましょう。