最終更新日:04/22

太陽光発電導入までの流れ

 

太陽光発電は【買って終わり】ではありません。

 

確実な設置工事、売電のための系統連系や補助金の申請等、
必要な手続きがたくさんあります。

 

ほとんどは販売業者が代行してくれますが、流れだけでも確認しておきましょう。

 

見積り依頼〜設置工事まで

 

太陽光発電の導入までの流れ・見積り編

 

  見積り依頼・比較・検討

 

必ず複数社から見積りを取りましょう。

近所の工務店や専門業者、家電量販店等でも太陽光発電を扱っています。

 

時間のない方は、一括見積りが便利です。
一度の依頼で、複数の販売店から見積りを提示してもらえますよ。

 

見積り依頼の流れは『一括見積りの流れ』で詳しく紹介してありますので、
参考にして下さい。

太陽光発電の導入までの流れ・契約編

 

  工事を発注

 

信頼できる業者が見つかったら、いざ注文!

いくつかの見積りの中から、価格や補償等、ご自宅にピッタリの太陽光発電のプランを選んで正式に契約します。
(業者の選び方は『失敗しない業者選び』も参考にどうぞ)

 

 

正式契約後に初めて、販売業者は「あなたのための」太陽光発電システムを構築するため、製品の発注をします。

 

発注〜商品到着までの間、販売業者は各種手続き(電力会社との協議や、系統連系の申請等)を代行して行ってくれます。

 

自治体の補助金が交付される場合も、この段階で手続を開始いましょう。

 

必要な書類がいくつもあります。
少し大変ですが、必ず良く目を通しましょう。

 

各部材が揃ったところで、いよいよ工事が開始されます。

太陽光発電の導入までの流れ・工事開始編

 

  工事開始

 

見積りから約1〜2ヶ月が目安

実際の工事は、1〜2日で終ります。

 

【必ず立ち会いが必要】なわけではありませんが、可能な限り立ち会ったほうが良いでしょう。

 

架台を設置する際には、大切な家の屋根に穴を開ける工法があります。

 

事前に相談していた通りの工法で行われているか、確認するようにして下さい。

 

また、途中でお茶をお出しできると良いですね!
「お疲れ様です。どうぞ休憩して下さい。」と一言添えるだけで、業者さんも気持ちの入れようが変わるかもしれません^^

 

太陽光パネルの設置が終わると、次に【配線・屋内工事】です。

 

パネルから屋内へ配線し、パワコン設置。
パワコンから売電メーターへと配線します。

 

これで工事は全て完了。

 

後は電力会社と売電契約を残すのみです!

 

いよいよ売電開始!

 

電力会社と売電契約⇒売電開始!

立会いが必要です。

全ての工事完了後、1ヶ月以内を目安に電力会社の最終確認が行われます。

 

販売業者は、事前に電力会社に申請し許可をもらっているので、契約どおりの工事がなされていれば、特別問題はありません。

 

電力会社の確認後、売電の契約書に記名・捺印。

 

早速『運転開始』して、正常に発電するか確認しましょう。

 

以上が、見積りを依頼してから、実際に売電を開始するまでの流れになります。

 

【業者探し】が成功のカギ!

『思ったよりも大変そう・・・』と感じていませんか?
でも大丈夫です!

 

ほとんどの手続き・進行は、販売業者が段取り良く進めてくれます。

 

特に、実績や経験の多い業者であれば、実に無駄なく、驚くほどスムーズにコトが運びますよ。

 

大切なことは、必ず書類にはよ〜く目を通す事。

 

そして何より、【任せられる】と確信の持てる業者さんと契約をすることです。

 

「信頼できる業者さん」の見分け方⇒『失敗しない業者選び』

太陽光発電を安心して導入し、快適なエコライフを過ごしましょう!