【蓄電池】って、必要?

 

太陽光発電は、当然ですが太陽が出ていないと発電しません

 

『せっかく太陽光発電を設置したのに、電気を買わないといけないの?』と、残念に感じる方もいらっしゃるでしょう。

 

現行の太陽光発電には【電気を貯める】ことが出来ません。

 

その為、発電していない時間帯に『クリーンな電気を使いたい』『電力会社から買う電気を減らしたい』場合は、蓄電池が必要になります。

 

蓄電池についての説明

 

そもそも、【蓄電池】ってナニ?

 

 

【蓄電池】とは、繰り返し充電・放電が出来る電池のことです。

 

電池は2種類に分かれています。

  • 乾電池に代表される

    【使いきりタイプ(一次電池)】

  • エネループや携帯のバッテリーのように

    【繰り返し使えるタイプ(二次電池)】

【蓄電池】とは、この【繰り返し使える二次電池】の総称で、【充電式電池】とも言われます。

 

太陽光発電とセットで導入することで、夜間等、太陽光発電をしていない時でも蓄電池から放電され、買電量は確実に減ります。

 

また、蓄電池の容量によっては【電力会社と契約しない(オフグリッド)】でエネルギーの自立も可能です!

 

トラブルが増えています!

 

【太陽光発電と蓄電池のセット】の訪問販売が増えています!

訪問販売の増加と共に、トラブルも増加しています。

 

主なトラブルはやはり【価格】。

 

一時期多かった【太陽光発電のみ】や【太陽光発電とオール電化のセット】は、相場価格がだいぶ浸透してきたことから、悪質な訪問販売による価格面でのトラブルは減ってきています。

 

対して、蓄電池の価格はまだまだ不透明。
せいぜい、【すごく高い】というイメージ程度では無いでしょうか。

 

そこで、太陽光発電とセットにする商法が伸びてきています。

  • @太陽光発電と蓄電池、それぞれの見積りを提示する
  • A太陽光発電の価格を低めに設定する
  • B『相場よりの安い太陽光発電』に依頼人の目を向けさせる
  • C蓄電池の価格を高額にしても依頼人は気が付きにくい

    (相場価格もわからない)

この他、【太陽光+蓄電池】一括で見積りを提示して、各々の価格を不透明することも多いです。

 

また、発電と蓄電は切っても切れない仲なので、バランスの良いセットでなければ充分なパフォーマンスが期待できなくなってしまいます。

 

【相性】は最高!

太陽光発電と蓄電池のセットは相性が良い

 

トラブルは増えていますが、【太陽光+蓄電池セット】は、相性は抜群です。

 

昼間の余った電力を蓄電することで、夜間や雨天時でも買電を減らせますし、停電中でも電気が使えるようになります。
(停電時は、太陽光発電のみでは使える電力が制限されます。
詳しくは⇒『太陽光発電のQ&A[停電になった時は使える?]』参照)

 

当然、売電収入は減ってしまいます。
しかし、政府としても【売電よりも自己消費】へ舵を切っていますので、今後の売電価格の下落は確実。
一方で、買電単価の値上がりも心配されています。

 

売電収入を取るか、【安心】を取るか。

 

ご自身の価値観次第で、【蓄電池を入れたほうがメリットが大きい】となる方も多いようです。

 

また、蓄電池購入のタイミングとしては、【固定価格終了後】も考えられます。

 

蓄電池を導入するか、しないか。
導入するならタイミングはいつにするか。

 

どちらにしても、訪問販売や1社だけの見積りでは決めないようにしましょう。

 

蓄電池の価格は?

 
ハッキリ言って、非常に高いです。

 

蓄電池にはいくつかの種類がありますが、家庭用として主流になっている
【リチウムイオン蓄電池】は、100万円以上するものが多く、
『欲しいから買う!』と気軽に購入できる品ではありません。

 

主な蓄電池の種類と特徴

上から順に【高い】です

蓄電池の種類

特徴

リチウムイオン蓄電池

  • 携帯電話等の電池パックに使われている
  • ニッケル水素電池より、『軽さ・容量』が改善。

    電気自動車にも搭載

  • 耐久性に優れている
  • 扱いが簡単で、メンテナンスがほとんどいらない
  • 自己放電(使っていなくても勝手に放電してしまう)が少ない
  • 軽くて小型
  • 非常に高い!家庭用では100万円以上が多い。

ニッケル水素電池

  • パナソニック【エネループ】が有名
  • ハイブリッドカーに使われている
  • リチウムイオン蓄電池に押され気味

鉛蓄電池

  • ガソリン車のバッテリーに利用されている
  • 【最古の蓄電池】として、長い歴史がある
  • 非常に重く、大型
  • 比較的安価で、数万円から購入できる
  • 取り扱いが難しく、注意が必要

 

 

耐久性や軽さ、扱いやすさの面で、家庭用蓄電池では【リチウムイオン蓄電池】が多くなってきています。

 

対して【鉛蓄電池】は、価格が比較的安価な点や実績の多さから、工場等の非常用電源として用いられています。

 

家庭用として普及してきたとはいえ、【リチウムイオン蓄電池】は、やはり価格の高さが一番のネックです。

 

蓄電池のメリット・デメリット

 

蓄電池のメリットとデメリットをまとめました。

メリット

  • 買電が減らせる(節電効果)
  • 災害時、夜間等でも電気が使える
  • よりクリーンなエネルギーで生活できる

 

デメリット

  • 価格が高い
  • 受電・放電を繰り返すうちに、容量が減ってきてしまう

 

蓄電池の大きなデメリットである【価格】は、各自治体で補助金を交付している可能性があります。

 

また、徐々に容量が減ってしまう【経年劣化】は、各メーカー工夫を凝らし、5〜10年程度まで寿命が伸びてきています。

 

【災害に備えたい】【電力会社に頼らない暮らしをしたい】等、蓄電池を検討する理由は様々かと思います。

 

興味のある方は、見積りだけでもとってみてはいかがでしょうか。

 

ただし、複数見積りは必須です!
提案内容と価格をしっかりと比較・検討して下さい。

 

 

蓄電池も【一括見積もり】が有効です

太陽光発電と同様、【高額なのは 知っているけれど相場価格がよくわからない】商品の蓄電池。

 

相見積もり(複数見積り)必須ですが、1社づつ見積りを取るのは正直時間も手間もかなりかかってしまいます。

 

そんな時はやはり一括見積もりがおススメ!

 

最近では【蓄電池専門の一括見積もりサイト】も登場しています。

 

自治体によっては独自の補助金を設けている場合もありますので、興味の有る方は一度見積りだけでも取ってみてはいかがでしょうか。