最終更新日:04/22

太陽光発電の【パッケージ販売】とは?

 
パッケージ販売

太陽光発電システムのパッケージ販売

 

【○kw・○○万円!】といった広告を目にしたことがあると思います。

 

予め、設置するパネルやパワコン等が決まっている販売方法を
【パッケージ販売】と呼んでいます。

 

通常の太陽光発電は【オーダーメイド】です。

 

見積りの依頼をして、現地調査(自宅の状態)を見てもらい、
複数のメーカー等の中から、【自宅にピッタリ!】のシステムを模索します。

 

対して、【パッケージ販売】では、既にメーカーや設置容量が決まっているので、
【太陽光発電システムにピッタリ!】な自宅かが重要になります。

 

【パッケージ販売】と【オーダーメイド】を比べると、当然【パッケージ販売】の方が安くなります。

 

家の【建売】と【注文住宅】の関係とよく似ていますね。

 

パッケージ販売のメリット

 

価格が抑えられる!

太陽光発電のパッケージ販売のメリット

 

大量仕入れが可能となりますので、販売価格は相場よりも安いことが多いです。

設置完了までが早い

太陽光発電のパッケージ販売のメリット

既に【システム】としては完成していますので、後はご自宅に設置するだけ。

 

【オーダーメイド】の場合は、人気メーカーなどは、品薄等で設置までに時間がかかることがありますが、【パッケージ販売】ではまずその心配はありません。

 

パッケージ販売のデメリット

 

【自宅にピッタリ!】とはいかない

先にシステムありきですので、自宅や希望条件に合わないこともあります。

【追加工事】が必要な場合もある

広告をよく見ると、小さな字で『標準工事込』と書かれていることがあります。

 

この『標準工事』、要注意です。
例えば【足場代】は含まなかったり、【瓦屋根は別】だったり、
中には【ケーブルの長さ】まで決まっている場合もあります。

 

結局追加工事費が発生して、『オーダーメイドよりも高くなった・・・』なんて事のないよう、事前にしっかりと確認しましょう。

自由度が無い

システムの内容が全て決まっているので、メーカーの選択や設置容量等、自由度はありません。

 

メーカーや設置容量が変えられる場合もありますが、結局は【別途費用】が必要となり、パッケージ販売のメリットである【安さ】がなくなってしまいます。

 

結局、【ソン】なの?【トク】なの?

 

太陽光発電システムのパッケージ販売は損か得か

 

【パッケージ販売】が【ソン】か【トク】か・・・
全ては
【ご自宅・ご自身に合っているか】
がカギです。

 

ご自宅が条件がぴったりと合い、またご自身の優先順位(発電量や保証等)とも合っていれば、価格が抑えられ、【満足の出来る太陽光発電システム】となるでしょう。

 

ただ、【自宅の条件】は、パッケージ販売だけを見ていては判断できません。

主な【条件】
  • 【何kwまで設置できるのか】
  • 【最適なメーカーはどこか】
  • 【追加工事が必要なのか】

 

このような【条件】は、いくつかの見積もりを取り、担当者と話すことでハッキリさせることができます。

 

その上で、【パッケージ】にするのか、【オーダーメイド】にするのか結論を出してはいかがでしょうか。