初期費用は?

 

一般家庭の多くは3.5kw前後を設置。
メーカーや設置業者により異なりますが、100万〜170万位です。

 

売電単価の決定の際の資料(平成27年10月〜12月)では
以下のようになっています。
太陽光発電初期費用の相場

(調達価格等算定委員会(第20回)配布資料より抜粋)

 

  • 新築時・・・1kwあたり35.3万円
  • 平均・・・・1kwあたり37.1万円

 

メーカーや施工業者による違いだけでなく、地域によっても価格差がありますが、
参考にはなると思います。

 

リアルタイムの最新相場はこちら

 

内訳は?

 

太陽光発電の初期費用

 太陽光発電の初期費用は2種類にわけられます。
  • @太陽光発電システムの費用
  • A設置工事に掛かる費用

 

太陽光発電システムにかかる初期費用
  • パネル単価(約4万〜)×枚数
  • パワコン(約10万〜)
  • 接続ユニット(約2万〜)
  • 昇圧ユニット(約2万〜)*不要の場合あり
  • 接続ケーブル(約8千円〜)×接続数
  • 工事金具(約15万〜)*メーカー指定品
  • モニター(約5万〜)
工事にかかる初期費用
  • 設置工事(約10万〜)
  • 電気工事(約10万〜)

 

メーカーによって大きく変わる価格はやはり「パネル単価」です。
性能と価格のバランスで選びましょう。

 

「太陽光発電システム一式」や「工事一式」と一まとめに提示する業者もありますが、誠実な業者はきちんと明細ごとに価格を提示してくれます。

 

見積りが丁寧かどうかは業者を選ぶ際の重要な項目のひとつだと考えています。

 

業者の選び方はこちら

見積り依頼先の比較と感想はこちら

 

設置工事についても、屋根の傾斜や種類によって変わってきます。
正確な【自宅の設置費用】は、見積りをとって確認してみてください。