最終更新日:2018/09/07

長州産業の実際の口コミ・評判情報

2009年より自社でパネル製造をしていますが、
自社のパネルよりもOEM販売しているパナソニック「HIT」が有名なようです。

 

実際設置している方も
パナソニックやサンヨーで購入するよりも低価格だった。』
『性能は同じだし保証も充実していて満足』という評判が多いです。

 

しかし、自社製品については
2009年より販売開始で、日が浅いので不安。導入を見送った意見もあります。

 

また、長州産業で多い口コミは、「訪問販売の多さ」もあります。

 

訪問販売のセールスマンが長州産業を勧めてきたという例ですね。

 

この場合、ほとんどが他の販売店よりも高額提示で、
長州産業のメリットである「高性能・低価格」がなくなってしまい、
良くない評判に繋がってしまうようです。

 

長州産業で導入を検討する場合は、特に販売設置業者の見極めが大切になりそうです。

 

自社パネルは2009年製造開始

 

長州産業は1980年創業で山口県に本社があり、
西日本、特に中国地方では有名な会社です。

 

当初は住宅関連機器メーカーとして「太陽熱温水器」や「風呂釜」等の販売実績をで上げていきました。
また、半導体の分野でも大きく貢献しています。

 

関東方面では残念ながら一般の知名度は高くないですが、
太陽光発電システムについて調べていると、必ず名前が挙がってくるほど
評判の高いメーカーです。

 

高評価の理由は、「HIT」がサンヨーやパナソニックより安く買えるから。

 

HITのOEMとして有名ですが、自社オリジナルのパネルも2009年より製造・販売しています。

 

変換効率ではHITに劣りますが、
予算や屋根の形状に合わせ、最適な組み合わせができます。

 

メイド・イン・ジャパンのパネルが「お手頃価格」

 

「国内メーカーでも、製造は海外の工場」が多い中、
長州産業のパネルはすべて国内で製造されています。

 

本社敷地内や西日本に自社工場があり、
同一敷地内で原材料からパネルの組み立てまでが行えます。

 

一貫生産により、高品質で低価格なパネルの製造・販売が可能になりました。

 

また、今までは西日本だけで生産されていましたが
全量買取制度開始以来製造が追いつかない状態だったため
2013年6月より「委託生産」を開始しました。

 

委託先は東京の「太陽電池製造装置メーカーであるエヌ・ピー・シー(NPC)」です。

 

もともとNPCは長州産業のパネル製造ラインを作っていた会社なので、
他の工場と全く同じレベルの品質が保証されます。

 

全てのパネルが日本国内で生産されていて、
しかも大手メーカーよりも低価格とあれば、充分に魅力的な商品だと思います。

 

パネル種類はシリーズ、価格帯も豊富!

 
シリーズ名 出力 変換効率 価格帯

特徴

Gシリーズ

270W

 

310W

18.2%

 

18.9%

17万5500円

 

20万1500円

単結晶+アモルファスの構造に加え、電気抵抗や送電ロスを最小限に抑えた、長州産業の最高ランクのパネルです。

 

出力25年・システム15年保証対象パネルです。

Cシリーズ

113W(台形)
〜284W

14.1%(台形)
〜17.3%

7万3500円(台形)
〜18万4600円

長州産業のセル「フルスクエアセル」

セル(パネルになる前の小さな太陽電池)を隙間なく詰めることが出来る【フルスクエア】にしたことで、高い出力を可能にしました。

 

ただし、出力保証は20年間となっています。(システム保証は15年)

Bシリーズ

113W(台形)
〜285W

14.1%(台形)
〜17.5%

6万7300円(台形)
〜16万8200円

パネル種類が多く、屋根面積を最大限まで活かすことが出来ます。

出力25年・システム15年保証対象パネルです。

HIT

244W

 

245W

19%

 

19.1%

13万5000円

 

14万5000円

パナソニックのパネルをOEM販売。
245Wは出力保証25年ですが、244Wは20年保証です。
(システムはどちらも15年保証)

 

公共・産業用でも活躍

 

太陽光発電システムにかかる初期費用をチェック

 

自社パネルが2009年からと、歴史が短いせいか敬遠されることもありますが、
公共施設等の様々な場所で導入されています。(写真はセントラルパークゴルフ倶楽部)

 

その他、市役所や学校、企業にも実績があり、パネルの信頼は高いといえます。


 

メーカーで「雨漏り保障」・研修では「マナー」

 

メーカー保証も充実しています。

  • 出力保証・・・・・25年
  • システム保証・・・15年
  • 施工保証・・・・・10年

 

ただし、太陽光パネルの種類によっては、上記以外の保証期間(出力20年・システム10年)になる可能性もあります。
保証を重視する方は、必ず販売・設置業者にパネル種類と保証期間を確認するようにしましょう。

 

また、長州産業の施工保証には大きな特徴があります。それは

「雨漏り保証が標準装備」

 

もちろん、長州産業認定の施工店でしっかり施工していることが条件になります。

長州産業の保証書発行の流れ

 

保証書の発行には、販売・施工店が【保証書発行システム】で登録申し込みをしなければなりません。
登録されなければ、保証そのものがなくなってしまいます。

 

ここでも、販売店選びがとても重要になってきますね。

 

 

もともとが太陽光発電システムのメーカーではなく、
「販売」していた会社だからこそ、利用者の立場に沿った保証が用意できたのでしょう。

 

また、施工についても「サービス」を大切にしており、
研修では単に「技術」だけでなく「マナー」も含まれています。

 

住宅地などで設置する場合、長くお付き合いする近隣への配慮はやはり大切。
後片付けもしっかりやってもらわないと、後々トラブルになりかねません。

 

その点、マナーのしっかりした施工店は安心できますね。

 

太陽光発電 長州産業の口コミ・評判関連ページ

フジプレアムの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのフジプレアムについて、特徴や評判を調べました。実際に使用している方の口コミもあります。フジプレアムは日本のメーカーで、平成12年より太陽光発電システムの販売を手掛けています。会社自体は、(株)不二として昭和57年設立、その後光学系の専門メーカーとして、様々な種類の太陽電池を手掛けてきました。まだ新しいメーカーで、国内での知名度は低いですが、海外では性能の高さが大きく評価されています。
カネカの口コミ・評判
カネカの太陽光発電について、その特徴や評判、口コミをまとめてみました。カネカhア日本の企業で、太陽光発電以外でも様々な実績のある大手企業です。それだけに、「太陽光発電=カネカ」のイメージが湧きにくいですが、実は30年以上も前から研究・開発をしている「太陽電池の老舗」でもあります。実際の口コミや評判では、新築時に勧められた方が多く、ハウスメーカーからは「シャープかカネカ」で悩んだそうです。
ホンダソルテックの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのホンダソルテックの口コミと評判を調べました。ホンダソルテックはその名の通り、自動車メーカーHONDAの100%出資子会社です。実際の口コミや評判では、知名度の低さもありましたが、設置された方の満足度は高いです。ホンダソルテックのパネルは薄膜系のCIGS型で、「陰に強い」特徴があり、特に都会の住宅密集地で、近隣や電柱の陰のできやすい地域ではかなり支持されています。
トリナソーラーの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのトリナソーラーについて、特徴や評判を調べました。実際に使用している方の口コミもあります。世界的なシェアを持つ中国のメーカーです。日本では2010年にトリナソーラー・ジャパンが設立されています。
サンパワーの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのサンパワーの口コミと評判を集めてみました。サンパワー社の太陽光パネルは2010年度より東芝と連携して販売されています。そして、25年以上にわたり市販されているパネルのなかで最高のパネル変換効率(19.3%)を誇っています。
パワーコムソーラーの口コミ・評判
太陽光発電システムメーカーのパワーコムソーラーについて、特徴や評判を調べました。実際に使用している方の口コミもあります。太陽光発電システムだけでなく、「無停電電源装置」(急な停電時にも接続している機器に電気を供給し続け、データの消滅等防ぐ)の製造・販売で実績があり、高評価を得ています。日本では太陽光発電システムの専門会社として、2009年にパワーコムソーラーが設立されました。
Qセルズの口コミ・評判
太陽光発電システムメーカーのQセルズについて、特徴や評判を調べました。実際に使用している方の口コミもあります。1999年に設立。社名のQセルズの「Q」は「品質」の意味が込めてあります。現在、Qセルズは韓国の「ハンファグループ」が買収し、「ハンファQセルズ」が設立されています。
超マイナーメーカー
太陽光発電の超マイナーメーカーの口コミや評判を集め、比較してみました。それぞれの太陽光発電システムの特徴や保証について調べ、利用者の口コミも集めてあります。