最終更新日:2018/04/03

カネカの実際の口コミ・評判情報

カネカは、実は1980年より太陽電池の研究・開発を行っている、
「太陽電池の老舗」になります。

 

カネカ自体は太陽光発電以外にも食品や血管カテーテル(!)など様々な分野で
活躍している大手企業ですが、それだけに
「カネカ=太陽光発電」のイメージを持ちにくいかもしれません。

 

実際に使用している方々も、「自分で選んで問い合わせた」方より、
ハウスメーカーに勧められた方がほとんどでした。

 

なかには全く知らないメーカーだったので、HMの担当者に
「その会社、ホントに大丈夫?」と聞いてしまった方も!

 

また、HMからの提案では「シャープかカネカ」の二者択一が多いそうです。

 

価格的にも同程度で、最終的には「見た目」の好みが大きく関係するようです。

 

実際にカネカを設置したご家庭は、

  • 「屋根材一体型で、外観もスッキリ。家族はもちろん友人にも好評」
  • 「せっかくの我が家なので、見た目も重視した。

    黒が基調になっていて、とてもきれい」

等、外観の美しさに満足されている方が多いです。

 

後から載せた方も、厚みがなくすっきりしていて、「自然になじんでいる」そうです。

 

発電に関しても、

  • 「曇りでもそれなりに発電してくれてうれしい」
  • 「影の影響が心配だったが、思ったより発電している」

等の口コミもありました。

 

以前は電気・ガスで3〜4万円かかっていたのが、実質0円になった例もありました。

 

そして、マイナスな評価では

  • 「新築の実績は多いが、後から取り付けるには情報が少なすぎて心配」
  • 「単結晶や多結晶のパネルと比べると、性能で劣ってしまう

    価格もそれなりだからしょうがないけど・・・」

という意見もありました。

 

新築で、外観を大切にされる方のには非常に評判の良いメーカーです。

 

実は「老舗」です。

 

カネカは、本来科学製品の製造・販売を長年行っている大手企業です。

 

ガクで
ガイを
ナエル会社
で、「カネカ」。

 

太陽電池の開発・研究は、1980年代より開始しています。
得意分野である「化学反応で作られる非結晶系(アモルファス)」太陽電池の研究が始まりでした。

 

その後、2001年に量産化に成功し、屋根材一体型のパネル販売を開始しました。

 

さらに、2010年には化粧スレート瓦専用のパネルも販売。

 

研究は続き、2013年2月、光の反射を抑えたパネルの開発・販売を始めました。

 

もともと、「陰に強い」のがメリットですので、密集した住宅地での
「反射による近隣トラブル」に配慮した製品の販売はうれしい限りですね。

 

 

知名度は低いかもしれませんが、太陽電池に関しては、30年以上の歴史があります。

 

 

発電効率はイマイチでも独自の視点 「屋根と街並みに調和」で勝負!

 

カネカの太陽電池「薄膜シリコン太陽電池」

 

パネルの種類は「薄膜多結晶シリコンと非結晶(アモルファス)シリコン」を組み合わせたタイプです。

 

短波長に強い「アモルファス」と、長波長に強い「薄膜多結晶」を組み合わせることで、アモルファスのみの場合よりも大幅に発電効率がアップしています。

 

しかし、それでも発電効率は12%と、けっして高くはありません。

 

むしろ、カネカの太陽光パネルの大きな特徴は、その外観にあると思います。

太陽光発電 カネカ

 

写真は、屋根材一体型の「VISOLA(ヴィソラ)」です。太陽電池1枚1枚が、屋根材として敷き詰められています。

 

軒先1段目からも設置できるので、設置面積が限られてしまう場合にも充分対応できます。

 

 

新築以外でカネカを選ぶ方は比較的少ないのですが、
既築向けでは化粧スレート瓦専用の「SOLTILEX(ソルティレックス)」は2010年グッドデザイン賞を受賞。

カネカの太陽電池「薄膜シリコン太陽電池」

 

フレームをなくし、とてもスッキリとしたデザインですし、

 

スレート瓦の取付穴を利用して設置し、防水性にも配慮されています。

 

「街の景観はみんなのもの」と、美観を大切に考えるメーカーは珍しいと思います。

 

太陽光発電 カネカ

ちなみに一般的な据え置き型「GRANSOLA(グランソーラ)」もあります。
こちらはダーク系で目立ちにくくなっていますが、
あまり力を入れていないのか、小さく紹介されているだけです。

 

 

アンケート調査実施

 

肝心のメーカー保証は、出力・システムともに10年間(モニター1年間)と、
国内大手メーカーと比べ、大きな特徴はありません。

 

カネカでは、保証内容ではなく、アフターサービスに他メーカーとの違いがあります。

 

設置1年目、4年目、8年目に、アンケートを実施しています!

 

アンケートですので、おそらく自由回答欄があると思われますので、
ちょっとした疑問や不安も、メーカーに伝えることができます。

 

カネカの公式HPでは公表されていませんが、今後「お客様の声」として
結果を公表していただければ、さらに信頼度が上がるのでないでしょうか。

 

太陽光発電 カネカの口コミ・評判関連ページ

フジプレアムの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのフジプレアムについて、特徴や評判を調べました。実際に使用している方の口コミもあります。フジプレアムは日本のメーカーで、平成12年より太陽光発電システムの販売を手掛けています。会社自体は、(株)不二として昭和57年設立、その後光学系の専門メーカーとして、様々な種類の太陽電池を手掛けてきました。まだ新しいメーカーで、国内での知名度は低いですが、海外では性能の高さが大きく評価されています。
長州産業の口コミ・評判
長州産業の太陽光発電について、その特徴や評判、口コミをまとめてみました。東日本ではそこまで有名ではありませんが、西日本(特に中国地方)では評判の高いメーカーです。「HIT」をOEM販売していて、サンヨー(パナソニック)より低価格で購入できると口コミでも評判でしたが、2009年に自社でもパネルの製造を開始しています。
ホンダソルテックの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのホンダソルテックの口コミと評判を調べました。ホンダソルテックはその名の通り、自動車メーカーHONDAの100%出資子会社です。実際の口コミや評判では、知名度の低さもありましたが、設置された方の満足度は高いです。ホンダソルテックのパネルは薄膜系のCIGS型で、「陰に強い」特徴があり、特に都会の住宅密集地で、近隣や電柱の陰のできやすい地域ではかなり支持されています。
トリナソーラーの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのトリナソーラーについて、特徴や評判を調べました。実際に使用している方の口コミもあります。世界的なシェアを持つ中国のメーカーです。日本では2010年にトリナソーラー・ジャパンが設立されています。
サンパワーの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのサンパワーの口コミと評判を集めてみました。サンパワー社の太陽光パネルは2010年度より東芝と連携して販売されています。そして、25年以上にわたり市販されているパネルのなかで最高のパネル変換効率(19.3%)を誇っています。
パワーコムソーラーの口コミ・評判
太陽光発電システムメーカーのパワーコムソーラーについて、特徴や評判を調べました。実際に使用している方の口コミもあります。太陽光発電システムだけでなく、「無停電電源装置」(急な停電時にも接続している機器に電気を供給し続け、データの消滅等防ぐ)の製造・販売で実績があり、高評価を得ています。日本では太陽光発電システムの専門会社として、2009年にパワーコムソーラーが設立されました。
Qセルズの口コミ・評判
太陽光発電システムメーカーのQセルズについて、特徴や評判を調べました。実際に使用している方の口コミもあります。1999年に設立。社名のQセルズの「Q」は「品質」の意味が込めてあります。現在、Qセルズは韓国の「ハンファグループ」が買収し、「ハンファQセルズ」が設立されています。
超マイナーメーカー
太陽光発電の超マイナーメーカーの口コミや評判を集め、比較してみました。それぞれの太陽光発電システムの特徴や保証について調べ、利用者の口コミも集めてあります。