最終更新日:2018/06/04

フジプレアムの実際の口コミ・評判情報

国内の太陽光発電メーカーですが、まだまだ知名度の低いメーカーです。

 

取扱い業者も少ないため、導入された方々は
設置業者選びに苦労されたようです。

 

実際の口コミとしては、おおむね高評価です。

 

『有名メーカーで検討していたが、「藤色」のパネルがあり、見た目が綺麗
といった意見や、
『220wという大きな出力』
また最近発売された『「超」軽量型(1枚8.2kg以下)』
といった、ラインナップの多さに惹かれた方が多いようです。

 

その他、海外での高い評価や、光学系の会社としての実績、
また、公共施設への設置が多い等、導入を決めた理由は様々でした。

 

価格も国内メーカーにしては手が出やすく、
1枚の出力が大きいので小さな屋根でも大丈夫。

 

出力保証は15年、システム保証は10年。
販売店によっては災害等の補償もあるようです。

 

実績があり、価格もナットクのできる販売業者が見つかれば、
充分検討に値するのではないでしょうか。

 

フジプレアムの実際の口コミ

 

ただし、今後太陽光発電を検討する方は、反対意見もありました。

 

大きな出力は、他の太陽光発電有名メーカーも研究・販売を始めているし、
劇的に安いわけでもない。

 

つまり、取扱いしている業者も少ないなか、
わざわざマイナーメーカーを選ぶほどのメリットがわからない、といった意見です。


 

独自の技術開発

 

フジプレアムのは、もともと「光学系」の会社ですので、
太陽光パネルについても独自の開発を続けていました。

 

フジプレアムのパネル

 

フジプレアムのパネル

 

これらの「次世代太陽光パネル」は、公共機関等で採用されています。

 

 

こだわりの太陽光パネル

 

一般家庭向けの太陽光発電システムのパネルは
シリコン系の「単結晶」と「多結晶」両方扱っています。

シリーズ名 パネル種類 出力 変換効率

超軽量タイプ

【希】

単結晶 230W 15.75%
225W 15.41%
多結晶 215W 14.72%
標準タイプ 単結晶 230W 15.75%
225W 15.41%
多結晶 215W 14.72%

 

パネルの製造にはこだわりがあり、
生産のラインや機器も自社生産しています。

 

多くの太陽光発電メーカーのパネルが海外で生産されている中、
【国内生産にこだわって、しかも機器まで自社生産】は
大きなアピールポイントだと思います。

 

ただし、太陽光パネルの「元」となる「セル」は輸入品

 

「太陽電池製造」ではなく、
電池の本体を買って、「パネルに組み立てている」会社です。

 

それだけに、「パネル組み立て(製造)」にこだわりと自信があるのかもしれません。

 

軽い!!

 

一般的に、太陽光パネルの重量は「15kg〜18kg」位となっています。

 

しかし、フジプレアムの超軽量パネル【希】はなんと1枚8.2kg以下!
従来の1/2程度の重さになっています。

 

つまり、「負担に耐えられない」と設置を断念した屋根でも、
設置できる可能性が充分にあるんです!

 

もちろん、安心のためには事前に屋根診断をされるのをおススメしますが、

 


他の太陽光発電メーカーで「大丈夫」の方も、
地震等への不安は、かなり解消されると思います。

(フジプレアムホームページより抜粋)

フジプレアムの超軽量ソーラーパネルを波板屋根に設置した事例

 

また、従来は難しかった「駐車場」や「バス停」など、
「重さに耐える」ことを前提としていなかった場所へも設置可能となりました。

 

 

 

保証期間は?

 

フジプレアムの出力・システム保証

メーカー保証で、出力15年・システム10年の保証があります。
(モニターは1年保証)
出力は80%以上の保証となっています。

 

当然ですが、正規の施工業者でないと保証は受けられません。
必ず確認しましょう。

 

また、災害補償も用意されています。
台風・落雷・豪雨・飛来物・火災等の被害を10年間補償。

補償内容

災害補償

火災

落雷

破裂・爆発

風災・ひょう害・雪害

台風・暴風雨・豪雪等による洪水・高潮・土砂崩れ等

外部からの他物(航空機・車両など)の飛来・衝突・接触

 

こちらは販売店の加入状況によるようです。
安心のため、加入している設置業者に施工してもらいたいですね。


 

最大の難問は【どうやって販売業者を見つけるか】

 

独自の技術に安心の国内生産、超軽量で設置の幅も広がる・・・と、
かなりメッリトの多いフジプレアムですが、最大の難関は【販売業者の少なさ】

 

実際、今回私が見積りを依頼した業者さん(11社)からは
一度も提案されませんでした。

 

(一括見積もりサイトに登録されている販売店情報で、【フジプレミアム取り扱い】を確認してみましたが、本当に少ないです;;)

 

取り扱っていても有名メーカーではないので、
販売業者サイドからはアピールしにくいのかもしれません。

 

フジプレアムを検討する場合、【とにかく数で勝負】になりそうです。

 

一括見積もりサイトを1サイトではなく、複数サイト利用することで
より多くの見積りを取ることが可能です。

 

一括見積もりサイトの【登録企業数】を比較しています。
《一括見積もりサイトの比較一覧》も参考にして下さい。

 

太陽光発電 フジプレアムの口コミ・評判関連ページ

長州産業の口コミ・評判
長州産業の太陽光発電について、その特徴や評判、口コミをまとめてみました。東日本ではそこまで有名ではありませんが、西日本(特に中国地方)では評判の高いメーカーです。「HIT」をOEM販売していて、サンヨー(パナソニック)より低価格で購入できると口コミでも評判でしたが、2009年に自社でもパネルの製造を開始しています。
カネカの口コミ・評判
カネカの太陽光発電について、その特徴や評判、口コミをまとめてみました。カネカhア日本の企業で、太陽光発電以外でも様々な実績のある大手企業です。それだけに、「太陽光発電=カネカ」のイメージが湧きにくいですが、実は30年以上も前から研究・開発をしている「太陽電池の老舗」でもあります。実際の口コミや評判では、新築時に勧められた方が多く、ハウスメーカーからは「シャープかカネカ」で悩んだそうです。
ホンダソルテックの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのホンダソルテックの口コミと評判を調べました。ホンダソルテックはその名の通り、自動車メーカーHONDAの100%出資子会社です。実際の口コミや評判では、知名度の低さもありましたが、設置された方の満足度は高いです。ホンダソルテックのパネルは薄膜系のCIGS型で、「陰に強い」特徴があり、特に都会の住宅密集地で、近隣や電柱の陰のできやすい地域ではかなり支持されています。
トリナソーラーの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのトリナソーラーについて、特徴や評判を調べました。実際に使用している方の口コミもあります。世界的なシェアを持つ中国のメーカーです。日本では2010年にトリナソーラー・ジャパンが設立されています。
サンパワーの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのサンパワーの口コミと評判を集めてみました。サンパワー社の太陽光パネルは2010年度より東芝と連携して販売されています。そして、25年以上にわたり市販されているパネルのなかで最高のパネル変換効率(19.3%)を誇っています。
パワーコムソーラーの口コミ・評判
太陽光発電システムメーカーのパワーコムソーラーについて、特徴や評判を調べました。実際に使用している方の口コミもあります。太陽光発電システムだけでなく、「無停電電源装置」(急な停電時にも接続している機器に電気を供給し続け、データの消滅等防ぐ)の製造・販売で実績があり、高評価を得ています。日本では太陽光発電システムの専門会社として、2009年にパワーコムソーラーが設立されました。
Qセルズの口コミ・評判
太陽光発電システムメーカーのQセルズについて、特徴や評判を調べました。実際に使用している方の口コミもあります。1999年に設立。社名のQセルズの「Q」は「品質」の意味が込めてあります。現在、Qセルズは韓国の「ハンファグループ」が買収し、「ハンファQセルズ」が設立されています。
超マイナーメーカー
太陽光発電の超マイナーメーカーの口コミや評判を集め、比較してみました。それぞれの太陽光発電システムの特徴や保証について調べ、利用者の口コミも集めてあります。