最終更新日:2018/04/03

トリナソーラーの実際の口コミ・評判情報

やはり「海外製」ということで、品質に不安をもつ方が多いようです。

 

ただ値段が国産と比べて安いので、実際に設置している方は
「価格>安心」の価値観があり、納得しているようです。

 

海外製の場合、25年保証がついていても、不具合の際、新しいパネルを中国から送ってくれますが、
撤去にかかる費用(足場やパネルの処分等)は自費のことが多いようで、
一回につき20万くらい必要になるそうです。

 

日本から撤退となると、保証も途中で打ち切りになる可能性も否定できません。
設置する際は業者に保証についてじっくりと確認が必要になります。

 

不安が残るような対応をする業者でしたら、たとえ安くても考え直したほうが無難といえます。

 

設置業者選びのポイントはこちらを参考にどうぞ

 

世界的なシェアをもつ中国メーカー

 

トリナソーラーの太陽光パネル

1997年に設立されたばかりの会社で、日本でも徐々に知名度が上がってきています。

 

そもそも世界レベルではかなりのシェアがあり、
2011年には世界第4位の業界売り上げを達成しています。

 

アメリカやヨーロッパでも大きな実績があり、2010年の上海万博では
ベルギー・欧州パビリオンとテーマ館へ太陽光発電で電力供給しました。

 

日本では2010年にトリナソーラー・ジャパンが設立されています。


 

価格のヒミツとパネル種類

 

トリナソーラーは太陽光発電の研究から原材料の調達・製造・販売の
全てを一貫して自社内で行っています。

 

パネルの製造過程全てを管理する「垂直統合型」ビジネスモデルを展開している、
世界的にも数少ないメーカーのひとつです。

 

このため、市場ニーズに直結し、低価格・高品質の製品が可能となっています。

 

パネルの種類と性能

 

パネルは単結晶・多結晶両タイプ共に2シリーズ展開しています。

単結晶

Honey M PLUS(ハニーM PLUS) SPACEMAX(スペースマックス)

 

出力

275〜290W

 

発電効率

パネル最大効率 17.7%

 

特徴

トリナソーラーの最高級パネル。
少ない日照量でも発電量を確保できます。

 

出力

220〜230W

 

発電効率

パネル最大効率 17.4%

 

特徴

省スペース設計された、日本オリジナルパネル。

多結晶

DUOMAX(デュオマックス) Honey(ハニー)

 

出力

・255〜265W(ホワイト)
・250〜260W(透明)

 

発電効率

・パネル最大効率 16.1%(ホワイト)
・   同上   15.8%(透明)

 

特徴

フレームをなくした、両面ガラスパネル。
透明タイプは光を通すので、採光が必要な環境に最適。

 

出力

260〜265W

 

発電効率

パネル最大効率 16.2%

 

特徴

2011年・2012年連続で多結晶の出力世界最高記録を樹立。
高出力で産業用としても適しています。

 

 

厳しい自社試験と、イザというときの再保険制度

 

自社内で世界認証基準に基づき、全ての製品の品質をコントロールしています。

 

また、2010年5月にドイツ・アメリカ・中国の認証機関とパートナー契約をし、
自社内での認証試験が可能になっています。

 

品質試験は30項目以上。
シリコンの状態からパネルになるまで、非常に細い試験・検査が行われています。

 

【再保険】に加入済み!

【海外メーカー】で最も心配されるのが業績不振による事業撤退です。

 

また、太陽光発電のみのメーカーの場合は、倒産も併せて心配する方も多いのではないでしょうか。

 

トリナソーラーでは、万が一倒産した際にはアメリカの再保険会社『パワーガード社』と契約しています。
こちらの保険は任意加入となっていますが、【安心】を重視する方は検討されるといいかもしれません。

 

(『パワーガード』は同じく中国メーカー【サンテック】も契約しています。)

 

 

保証期間は?

 
  • 製品保証・・・10年間
  • 出力保証・・・25年間or30年間

 

出力保証の期間は、太陽光パネルによって異なります。

出力保証

出力低下率の上限

多結晶パネル
  • 初年度2.5%
  • その後1年毎に0.7%
  • 保証開始から25年目80.7%
単結晶パネル
  • 初年度3.5%
  • その後1年毎に0.68%
  • 保証開始から25年目80.18%
両面ガラスパネル
  • 初年度2.5%
  • その後1年毎に0.5%
  • 保証開始から30年目83%

トリナソーラーの出力保証

 

お得感を感じられる価格なら・・・アリ!?

 

結論として、主婦の目線からだと長期的な費用を考えるとおすすめできません。
トリナソーラーだけでなく、色々メーカーを検討して見るほうがよいでしょう。

 

アジア勢のメーカーは最近は業績不振も見聞きするようになりました。
個人的には、かなりの価格差がない限りは検討しないと思います。

 

トリナソーラーの口コミ・評判関連ページ

フジプレアムの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのフジプレアムについて、特徴や評判を調べました。実際に使用している方の口コミもあります。フジプレアムは日本のメーカーで、平成12年より太陽光発電システムの販売を手掛けています。会社自体は、(株)不二として昭和57年設立、その後光学系の専門メーカーとして、様々な種類の太陽電池を手掛けてきました。まだ新しいメーカーで、国内での知名度は低いですが、海外では性能の高さが大きく評価されています。
長州産業の口コミ・評判
長州産業の太陽光発電について、その特徴や評判、口コミをまとめてみました。東日本ではそこまで有名ではありませんが、西日本(特に中国地方)では評判の高いメーカーです。「HIT」をOEM販売していて、サンヨー(パナソニック)より低価格で購入できると口コミでも評判でしたが、2009年に自社でもパネルの製造を開始しています。
カネカの口コミ・評判
カネカの太陽光発電について、その特徴や評判、口コミをまとめてみました。カネカhア日本の企業で、太陽光発電以外でも様々な実績のある大手企業です。それだけに、「太陽光発電=カネカ」のイメージが湧きにくいですが、実は30年以上も前から研究・開発をしている「太陽電池の老舗」でもあります。実際の口コミや評判では、新築時に勧められた方が多く、ハウスメーカーからは「シャープかカネカ」で悩んだそうです。
ホンダソルテックの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのホンダソルテックの口コミと評判を調べました。ホンダソルテックはその名の通り、自動車メーカーHONDAの100%出資子会社です。実際の口コミや評判では、知名度の低さもありましたが、設置された方の満足度は高いです。ホンダソルテックのパネルは薄膜系のCIGS型で、「陰に強い」特徴があり、特に都会の住宅密集地で、近隣や電柱の陰のできやすい地域ではかなり支持されています。
サンパワーの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのサンパワーの口コミと評判を集めてみました。サンパワー社の太陽光パネルは2010年度より東芝と連携して販売されています。そして、25年以上にわたり市販されているパネルのなかで最高のパネル変換効率(19.3%)を誇っています。
パワーコムソーラーの口コミ・評判
太陽光発電システムメーカーのパワーコムソーラーについて、特徴や評判を調べました。実際に使用している方の口コミもあります。太陽光発電システムだけでなく、「無停電電源装置」(急な停電時にも接続している機器に電気を供給し続け、データの消滅等防ぐ)の製造・販売で実績があり、高評価を得ています。日本では太陽光発電システムの専門会社として、2009年にパワーコムソーラーが設立されました。
Qセルズの口コミ・評判
太陽光発電システムメーカーのQセルズについて、特徴や評判を調べました。実際に使用している方の口コミもあります。1999年に設立。社名のQセルズの「Q」は「品質」の意味が込めてあります。現在、Qセルズは韓国の「ハンファグループ」が買収し、「ハンファQセルズ」が設立されています。
超マイナーメーカー
太陽光発電の超マイナーメーカーの口コミや評判を集め、比較してみました。それぞれの太陽光発電システムの特徴や保証について調べ、利用者の口コミも集めてあります。