最終更新日:2018/01/09

サンパワーの実際の口コミ・評判情報

日本で販売しているのは東芝のため、海外製とはいえ、保証面では心配している方は少ないようです。

 

パネルもハンダの線がなく見た目はかなり綺麗とのこと。

 

価格も海外製品ということで、性能の高さのわりにオトクと感じているようです。

 

また、性能に関しても「4.32KWを取り付け、晴天時4.5KW位発電」という例もありました。

 

ただし、やはり日本での販売実績がまだ短い(2010年から東芝で販売開始)ので、
慎重になっている方も多いです。

 

ソーラー・インパルスの翼に採用

 

プラネットソーラーにはサンパワー社の太陽光パネルが使用されている

名古屋空港に着陸したことで、日本でも大きな話題となった
【ソーラー・インパルス2】。

 

【ソーラー・インパルス2】は、再生可能エネルギー技術のアピールのために、
スイスの会社が作った【ソーラー飛行機】です。

 

この飛行機の翼に貼り付けられている太陽電池が、サンパワー社の製品なんです!

 

太陽光パネルで発電した電気だけで、世界一周!!(夜間用に蓄電池もあります)

 

また、サンパワーは【空】だけではなく【海】も制覇しています(笑)
プラネットソーラーにはサンパワー社の太陽光パネルが使用されている

 

2012年には【プラネットソーラー号】が世界一周達成。

 

その後も航海を続けたり、メキシコ湾流れの研究船として活躍しています。

 

どちらも、数々の世界記録を更新しています。
(単独飛行世界記録や太陽光エネルギーのみでの最長飛行記録、
ソーラーボートの最速記録等)

 

性能の高さが充分に伝わってきますね。


 

変換効率・発電量の高さは世界トップレベル!

 

サンパワー社のソーラーパネル

サンパワー社は1985年にシリコンバレーで設立。

 

以降30年以上に渡り、パネルの変換効率の記録を塗り替え続けているメーカーです。

 

最近よく聞くようになった【バックコンタクト方式】を開発し、【パネル変換効率20%以上】を世界で初めて実現しました。

 

また、空気中に熱として逃がす分を減らし、パネル温度の上昇を2〜4%程抑えることに成功しています。

 

サンパワー社のソーラーパネルの動作温度の変化

 

パネルの温度上昇が抑えられることで、発電効率の低下をおさえています。

 

高い変換効率とパネル温度上昇の抑制で、より多くの発電量が期待できます。


 

日本では【東芝】が販売

 

サンパワー社のソーラーパネルは東芝で販売されている

 

2010年度より、太陽光発電の日本向け市場において東芝とパートナーシップを結んでいます。

 

東芝は他メーカーのパネルも扱っていますが、サンパワー社のパネルは【Sシリーズ】として
最高クラスの扱いとなっています。


 

保証は最長25年!

 

出力・製品の保証を1つにまとめることにより、
製造欠陥と出力との差異についての不安を解消しました。

 

但し書きのつかない1つの総合保証です。

 

製品・出力ともに25年という長期の保証になり、
出力に関しては6年目から25年まで、年次低下0.4%以上であれば保証の対象となります。

サンパワーの出力保証

 

また、日本では東芝も独自の保証を展開しており、
2013年1月より有料の「15年保証」「20年保証」を始めました。
「東芝の太陽光発電システム」として購入した際は、
こちらの保証が適用されます。

 

【サンパワー】としての購入を検討する場合は、販売業者がかなり限られてくる可能性が高くなります。

 

【登録数の多い一括見積もりサイトを選ぶ】等、
より多くの業者に見積り依頼を出し、選択の幅を広げることで、
良い条件でサンパワー社の太陽光発電を導入できると思います。

 

【登録業者数】も比較してあります。販売店選びの参考にして下さい。
《一括見積りサイトの比較一覧》はコチラ

 

サンパワーの口コミ・評判関連ページ

フジプレアムの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのフジプレアムについて、特徴や評判を調べました。実際に使用している方の口コミもあります。フジプレアムは日本のメーカーで、平成12年より太陽光発電システムの販売を手掛けています。会社自体は、(株)不二として昭和57年設立、その後光学系の専門メーカーとして、様々な種類の太陽電池を手掛けてきました。まだ新しいメーカーで、国内での知名度は低いですが、海外では性能の高さが大きく評価されています。
長州産業の口コミ・評判
長州産業の太陽光発電について、その特徴や評判、口コミをまとめてみました。東日本ではそこまで有名ではありませんが、西日本(特に中国地方)では評判の高いメーカーです。「HIT」をOEM販売していて、サンヨー(パナソニック)より低価格で購入できると口コミでも評判でしたが、2009年に自社でもパネルの製造を開始しています。
カネカの口コミ・評判
カネカの太陽光発電について、その特徴や評判、口コミをまとめてみました。カネカhア日本の企業で、太陽光発電以外でも様々な実績のある大手企業です。それだけに、「太陽光発電=カネカ」のイメージが湧きにくいですが、実は30年以上も前から研究・開発をしている「太陽電池の老舗」でもあります。実際の口コミや評判では、新築時に勧められた方が多く、ハウスメーカーからは「シャープかカネカ」で悩んだそうです。
ホンダソルテックの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのホンダソルテックの口コミと評判を調べました。ホンダソルテックはその名の通り、自動車メーカーHONDAの100%出資子会社です。実際の口コミや評判では、知名度の低さもありましたが、設置された方の満足度は高いです。ホンダソルテックのパネルは薄膜系のCIGS型で、「陰に強い」特徴があり、特に都会の住宅密集地で、近隣や電柱の陰のできやすい地域ではかなり支持されています。
トリナソーラーの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのトリナソーラーについて、特徴や評判を調べました。実際に使用している方の口コミもあります。世界的なシェアを持つ中国のメーカーです。日本では2010年にトリナソーラー・ジャパンが設立されています。
パワーコムソーラーの口コミ・評判
太陽光発電システムメーカーのパワーコムソーラーについて、特徴や評判を調べました。実際に使用している方の口コミもあります。太陽光発電システムだけでなく、「無停電電源装置」(急な停電時にも接続している機器に電気を供給し続け、データの消滅等防ぐ)の製造・販売で実績があり、高評価を得ています。日本では太陽光発電システムの専門会社として、2009年にパワーコムソーラーが設立されました。
Qセルズの口コミ・評判
太陽光発電システムメーカーのQセルズについて、特徴や評判を調べました。実際に使用している方の口コミもあります。1999年に設立。社名のQセルズの「Q」は「品質」の意味が込めてあります。現在、Qセルズは韓国の「ハンファグループ」が買収し、「ハンファQセルズ」が設立されています。
超マイナーメーカー
太陽光発電の超マイナーメーカーの口コミや評判を集め、比較してみました。それぞれの太陽光発電システムの特徴や保証について調べ、利用者の口コミも集めてあります。