最終更新日:2018/08/02

ノーリツの実際の口コミ・評判

ノーリツは2015年末を目安に、
家庭用太陽光発電の製造・販売から撤退します。

 

「ノーリツ」というと、ガス給湯器のイメージが強いですが、
太陽光発電システムも扱っています。

 

以前は三菱製品でしたが、
2011年からは「ノーリツ製」のパネルを生産・販売しています。

 

実際の口コミや評判として、

  • 国内メーカーの割には価格が安め
  • 住宅設備メーカーとしての歴史が長く、安心
  • 新築時に、太陽熱温水器とセットで取付。電気代が格安で済んでいる
等、見受けられました。

 

2011年から自社パネルの販売で、太陽光発電メーカーとしては新しいのですが、
やはり「国内メーカー」「住宅設備会社としての歴史」に対する安心感は大きいです。

 

ただし、気になる口コミ情報もありました。
「新築時にノーリツの太陽光発電の取付を提案されたが、
すべてがコミコミの価格で適正価格かどうか判断つきにくい
というものです。

 

新築時は、何かと色々な費用が掛かります。
たとえば「足場代」にしても、太陽光発電の見積りに入れるのか、計上しないのか・・・
太陽光発電の見積りは安いのに、同時に購入する機器(エコキュートやエコジョーズ等)が割高に計算されていたり・・・

 

ノーリツの場合、太陽光発電システムだけの購入ではなく、
他の機器も同時に購入するケースがあり、
「詳細な見積もり」に、特に注意が必要な場合があります。

 

ノーリツならでは!電気もお湯も!

 

「ノーリツ」のイメージとしては、太陽光発電よりも
「ガス給湯機」「お風呂」など、お湯に関するモノのほうが強いと思います。

 

その「ノーリツ」ならではでしょう、
「太陽光発電」と「太陽熱利用ガスふろ給湯(暖房)システム」を組み合わせた
「ダブルソーラーシステム」を販売しています。

ノーリツ 太陽光発電

 

このシステムは、

  • 太陽光発電

    →電気を作る

  •  

  • 太陽熱利用

    →お湯を作る

という、「お日様の恵み」を存分に堪能できるシステムです。

 

また、今までの経験を活かし、施行もメーカーや代理店自らが行っています。

 

パネル種類は豊富

 

ノーリツのパネルは、多結晶を採用しています。

 

出力は台形パネルの131w〜標準パネルの195wまでの5種類。
「長方形」や、「寄棟用」もあり、小さ目の屋根にも対応が可能です。

 

また、塩害地域(直接塩水のかかる場所は除く)や、
積雪地域(1.5m以下)にも標準対応。

 

フレームやネジ類等にメッキ加工をしています。

 

他メーカーで別途料金を加算されている地域のかたは、
国内メーカーで標準工事は、なかなか魅力ではないでしょうか。

 

「3つの安心」を用意

 

保証内容は、国内の大手メーカーと大差ありません。

 

  • システム10年保証
  • 工事10年補償
  • 災害10年補償

システム10年保証

システム10年は、出力80%を保証。パワコン等の機器(モニター除く)10年間です。

 

海外メーカーは25年、国内大手メーカーも、最近は15年の出力保証を始めていますので、
今後は保証期間の延長がないと不利になるかもしれません。

工事10年補償

2011年の発売当初より、雨漏り等に対してメーカー補償を始めていました。

 

これは、他メーカーでは、販売・施行店に商品を卸し、工事は施工店が行うのが当たり前なのに対し、ノーリツではメーカーや代理店が設置工事まで行っています。

 

その為、【工事による不具合】も、責任の所在がはっきりしています。

 

当時としては、「メーカーが雨漏りに対して責任を持つ」のは業界初でしたが、現在は他のメーカーでも補償しています。

 

特徴的なのは、「第3者の身体・財物に損害を与えた際に法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。」という点。

 

パネル落下で損害が出た場合に補償対象となっています。

災害10年補償

こちらは、代理店加入です。
代理店が加入しているかどうか、事前にしっかり確認しておきましょう。

 

火災・落雷・台風等の自然災害を補償してもらえます。
(震災、震災による津波・噴火は対象外)

 

実績・補償共に審査をクリアした優良業者のみが登録【一括見積りサイト・タイナビ】はこちらからどうぞ

 

家庭用太陽光発電からの撤退

 

冒頭でも記載いたしましたが、2015年末を目安に、
【家庭用太陽光発電の製造・販売】から撤退します。

 

撤退理由

  • 主力商品(温水機器)で培った施行・アフターサービスを活かす販売方法が難しくなった
  • システム価格の下落が予想以上
  • 円高による仕入れ価格の上昇

 

しかし、【ノーリツ】という会社自体はもちろん継続していますので、アフターサービス(保証等)については以前と変わらず対応してもらえます。

 

また、産業用太陽光発電についても、施工等に付いてのノウハウを活かすことができるので継続する予定です。

 

太陽光発電 ノーリツの口コミ・評判関連ページ

LIXIL(リクシル)エナジーの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのLIXIL(リクシル)エナジーは、2009年12月に設立した太陽光発電システムの販売会社で、LIXILグループになります。 まだ販売開始から日が浅いせいか、実際に使っている方の【口コミや評判】の情報はほとんどありませんでしたが、検討された方の意見がありました。
ソーラーワールドAGの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのソーラーワールドAGについて、評判や口コミを調べました。口コミや評判について調べましたが、情報はなく、実際に使用されている方の意見も全くありませんでした。 ソーラーワールドAGはドイツに拠点を置くメーカーで、日本ではESI(ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション)が総代理店となっています。 ESIは、平成24年7月に設立とまだ新しく、日本国内ではまだまだ認知度の低い会社です。
ソプレイソーラーの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのソプレイソーラーについて調べました。ソプレイソーラーは、2005年設立の中国のメーカーになります。メインターゲットをメガソーラーや公共としているので、一般にはあまり知られていません。 口コミや評判についても、一般向けの情報はなく、実際に使用されている方の意見もありませんでした。
シリケン(siliken)ジャパンの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのシリケン(siliken)について調べました。口コミや評判も調べ、実績や特徴についてご説明します。 シリケン(siliken)は2001年創業の、スペインのメーカーです。2012年6月に日本法人を立ち上げ、本格参入しました。口コミや評判については、一般向けの情報はなく、実際に使用されている方の意見もありませんでした。ただし、一部の太陽光発電に詳しい方がたにはかなり有名なメーカーのようです。
アップソーラーの口コミ・評判
太陽光発電のアップソーラーについて調べました。 実際の口コミや評判もあります。アップソーラーは、2006年に設立された、香港が拠点のメーカーです。その後、ヨーロッパやアメリカ、2010年には「アップソーラージャパン」が設立しました。口コミや評判についても、一般向けの情報はなく、実際に使用されている方の意見もありませんでした。
イソフォトン(ISOFOTON)の口コミ・評判
太陽光発電メーカー・ISOFOTON(イソフォトン)の口コミと評判を集めてみました。イソフォトンは、1981年の技術プロジェクトに端を発し、30年以上の歴史のある会社です。日本では2011年10月に都内に代表事務所を設置。2012年3月に日本法人を設立したばかりです。口コミや評判についても、一般向けの情報はなく、実際に使用されている方の意見もありませんでした。
インリー・グリーンエナジー(インリーソーラー)の口コミ・評判
太陽光発電メーカー、インリー・グリーンエナジーの口コミと評判を集めました。インリー・グリーンエナジーは、1997年に設立、翌年に太陽光発電事業に参入した、中国のメーカーです。口コミについては、実際に使用されている方の意見もありませんでしたが、評判は「賛成派」「反対派」にハッキリと分かれています。
チャオリーソーラーの口コミ・評判
太陽光発電のチャオリーソーラーについて、口コミと評判を調べました。チャオリーソーラーは、2003年設立の中国の太陽光パネルメーカーです。日本では2010年東京に拠点を設けました。まだ知名度の低いメーカーですので、実際に使用者の「口コミ」は、残念ながら全くありませんでした。しかし、検討された方はいて、検討の理由は「安いから」。設置しなかった理由は「中国(海外)製品は不安だから」。やはり海外製で知名度が低いメーカーは、一般家庭においてはかなり不利なようです。 しかし、メーカーとしての評判は決して悪いばかりではありません。原材料からの「一貫生産」で、品質管理にも定評があります。
ジャパンソーラーの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのジャパンソーラーについて、口コミと評判を調べました。ジャパンソーラーはその名の通り国内メーカーで、平成7年創業の「アンフィニ」の子会社として、平成22年に設立されました。様々なタイプのパネルを取り扱っていて、台湾と中国の自社工場で生産しています。
LS産電の口コミ・評判
太陽光発電メーカーのLS産電の口コミや評判について調べました。LS産電は、20年以上前から太陽光発電事業を行っていた韓国のLGグループから2005年に独立した、韓国のメーカーです。日本には2009年に進出。知名度は低いですが、日本の有名会社が販売を手掛けたこともあり、口コミや評判は悪くありません。