最終更新日:2018/01/09

チャオリソーラーの実際の口コミと評判

チャオリーソーラーは、2003年設立の中国の太陽光パネルメーカーです。

 

日本では2010年東京に拠点を設けました。

 

まだ知名度の低いメーカーですので、実際に使用者の「口コミ」は、
残念ながら全くありませんでした。

 

しかし、検討された方の意見があり、
検討の理由は「安いから」。

 

設置しなかった理由は「中国(海外)製品は不安だから」。

 

海外製品の場合、万一の不具合で「交換・返品」等なった場合、

「修理代金やパネル代は無料でも、足場代や返送料がかかる」

可能性があるそうです。

 

導入の際は、故障の際の対応について販売店に充分確認が必要です。

 

その点を含め、海外製で知名度が低いメーカーは、
一般家庭においてはかなり不利なようです。

 

しかし、メーカーとしての評判は決して悪いばかりではありません。
原材料からの「一貫生産」で、品質管理にも定評があります。

 

また、2011年10月には仙台の「クリネックスタジアム」に復興支援の一環として
太陽光パネルを無償提供しています。

 

徹底の一貫生産・品質管理=安心

 

一貫生産

チャオリソーラーでは、原材料からパネルまで、徹底して一貫生産しています。

原材料は○○社、セルは△△社・・・と、
パネルになるまでに複数の企業が入るよりも
後々不具合が起こりにくいとされています。

 

品質管理

最終的には全数検査

一貫生産したパネルも、検査されなければ信用できません

 

チャオリソーラーでは、最終製品は全数検査をしており、
もちろん世界各国の認証規格取得しています。

 

一貫生産と品質管理で、現在21ヶ国での実績があります。

 

日本では・・・?

 

世界的にはかなりの実績のあるチャオリソーラーですが、
日本ではまだまだ知名度は低いです。

 

しかし、まったく実績がないわけではありません。

 

チャオリソーラーは、住宅用と産業用の両方を扱っていますが、
日本では産業用として導入されているケースが多いようです。

 

しかし、一般家庭向けにも力を入れており、特に取付方法においては
日本のメーカーと共同で取付金具の開発し、取付工法も工夫されています。

チャオリソーラー

 

垂木に固定する工法は太陽光発電の設置では多く採用されており、
雨漏りの原因として挙げられますが、「5重の防水処理」は、かなり丁寧な工法です。

 

また、狭い屋根の多い日本の住宅事情に対しても、パネルの種類を増やすことで対応。

 

長方形のみの海外製品が多い中、台形や小さ目(ハーフモジュール)もラインナップしており、パネル種類は国内メーカーと遜色ありません。

 

海外での実績は大!

 

2008年にはドイツでの販売台数第二位と、海外での実績は非常に大きいです。

 

ドイツ以外のヨーロッパでも、産業用として幅広く支持されています。

 

ベルギーにある、「ベルギーHONDA」の10MWの発電システムにも参加。

 

「日本の企業で採用」となると、親近感もありますね。

チャオリソーラー

 

専属コールセンターあり

 

海外メーカーでの一番の心配は、やはり「アフターサービス」。
いくら保証期間が長くても、サービスが受けられなければ意味がありません。

 

チャオリソーラーでは、海外メーカーとしては珍しく、
「専属コールセンター」があります。

  • 顧客の情報・システム情報をデータベース化
  • 専門のコールスタッフの常駐
  • 定期的に勉強会・講習会を実施し、情報の共有化とスキルアップ

もちろんフリーダイヤルで、迅速に対応してくれるようです。

 

ただし、海外メーカーの場合は常に
「代理店撤退」のリスクは忘れないようにしましょう。

 

もちろん25年保証。定期点検も実施

 

出力保証は25年。
当初の10年は90%、25年までは80%。

 

システムは10年保証(モニターは除く)と、
海外メーカーとしてはごく一般的な保証内容です。

 

大きな特徴は、「定期点検の実施」。
有料のオプションとなりますが、施工業者が点検にあたります。

 

メーカーのオプションとしての定期点検は、海外メーカーでは珍しい特徴です。

 

それだけに、自社製品に対する自信の表れと取れます。

 

実績・補償共に審査をクリアした優良業者のみが登録
【一括見積りサイト・タイナビ】はこちらからどうぞ

 

チャオリーソーラーの口コミ・評判関連ページ

LIXIL(リクシル)エナジーの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのLIXIL(リクシル)エナジーは、2009年12月に設立した太陽光発電システムの販売会社で、LIXILグループになります。 まだ販売開始から日が浅いせいか、実際に使っている方の【口コミや評判】の情報はほとんどありませんでしたが、検討された方の意見がありました。
ソーラーワールドAGの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのソーラーワールドAGについて、評判や口コミを調べました。口コミや評判について調べましたが、情報はなく、実際に使用されている方の意見も全くありませんでした。 ソーラーワールドAGはドイツに拠点を置くメーカーで、日本ではESI(ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション)が総代理店となっています。 ESIは、平成24年7月に設立とまだ新しく、日本国内ではまだまだ認知度の低い会社です。
ソプレイソーラーの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのソプレイソーラーについて調べました。ソプレイソーラーは、2005年設立の中国のメーカーになります。メインターゲットをメガソーラーや公共としているので、一般にはあまり知られていません。 口コミや評判についても、一般向けの情報はなく、実際に使用されている方の意見もありませんでした。
シリケン(siliken)ジャパンの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのシリケン(siliken)について調べました。口コミや評判も調べ、実績や特徴についてご説明します。 シリケン(siliken)は2001年創業の、スペインのメーカーです。2012年6月に日本法人を立ち上げ、本格参入しました。口コミや評判については、一般向けの情報はなく、実際に使用されている方の意見もありませんでした。ただし、一部の太陽光発電に詳しい方がたにはかなり有名なメーカーのようです。
アップソーラーの口コミ・評判
太陽光発電のアップソーラーについて調べました。 実際の口コミや評判もあります。アップソーラーは、2006年に設立された、香港が拠点のメーカーです。その後、ヨーロッパやアメリカ、2010年には「アップソーラージャパン」が設立しました。口コミや評判についても、一般向けの情報はなく、実際に使用されている方の意見もありませんでした。
イソフォトン(ISOFOTON)の口コミ・評判
太陽光発電メーカー・ISOFOTON(イソフォトン)の口コミと評判を集めてみました。イソフォトンは、1981年の技術プロジェクトに端を発し、30年以上の歴史のある会社です。日本では2011年10月に都内に代表事務所を設置。2012年3月に日本法人を設立したばかりです。口コミや評判についても、一般向けの情報はなく、実際に使用されている方の意見もありませんでした。
インリー・グリーンエナジー(インリーソーラー)の口コミ・評判
太陽光発電メーカー、インリー・グリーンエナジーの口コミと評判を集めました。インリー・グリーンエナジーは、1997年に設立、翌年に太陽光発電事業に参入した、中国のメーカーです。口コミについては、実際に使用されている方の意見もありませんでしたが、評判は「賛成派」「反対派」にハッキリと分かれています。
ノーリツの口コミ・評判
ノーリツの太陽光発電について、口コミと評判を調べました。「ノーリツ」というと、ガス給湯器のイメージが強いですが、太陽光発電システムも扱っています。以前は三菱製品でしたが、2011年からは「ノーリツ製」のパネルを生産・販売しています。国内メーカーで価格も安いと、口コミではかなり良い評判が目立ちます。
ジャパンソーラーの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのジャパンソーラーについて、口コミと評判を調べました。ジャパンソーラーはその名の通り国内メーカーで、平成7年創業の「アンフィニ」の子会社として、平成22年に設立されました。様々なタイプのパネルを取り扱っていて、台湾と中国の自社工場で生産しています。
LS産電の口コミ・評判
太陽光発電メーカーのLS産電の口コミや評判について調べました。LS産電は、20年以上前から太陽光発電事業を行っていた韓国のLGグループから2005年に独立した、韓国のメーカーです。日本には2009年に進出。知名度は低いですが、日本の有名会社が販売を手掛けたこともあり、口コミや評判は悪くありません。