最終更新日:2018/06/04

インリー・グリーンエナジー(インリーソーラー)の実際の口コミ・評判

インリー・グリーンエナジーは、1997年に設立、
翌年に太陽光発電事業に参入した、中国のメーカーです。

 

日本では、インリー・グリーンエナジージャパン 株式会社(東京)が
2012年4月設立。

 

2013年には、住宅向けにも本格参入し、大阪にも支店を構えました。

 

インリーソーラーの参入で、中国大手3メーカー(サンテックパワー・トリナソーラー・インリーソーラー)が出そろいました。

 

日本での口コミや評判は、「賛否両論」といった感じです。

賛成派

  • ワールドカップの公式スポンサーにもなっている有名企業
  • 世界中のメガソーラーに採用されていて、信用できる
  • 不具合が少ない
  • パネル性能が高い

 

反対派

  • 日本での実績が少ない
  • 急成長しているが、赤字決算になっている
  • 万一の時の保証が不安

 

日本法人設立前から、商社や家電量販店で取扱いがあったようですが、
やはり万一の際の「窓口」がハッキリしていなかったため、
「保証に不安」があったようです。

 

現在、東京・大阪に拠点がありますが、個人的に不安要素が一点あります。

 

それは、「求人広告の多さ」。
設立間もない法人ですので、優秀な人材を求めるのは理解できますが、
あまりにも多数の求人を目にすると
「定着率の悪い会社」というイメージを持ってしまいます。

サンテックパワーの電話対応の感想

 

 

太陽光発電やパネルの性能等には直接関係ない事柄ですが、
高額な商品だけに、「法人としてのイメージ」も大切だと思います。


 

パネルは大きく分けて2種類

 

インリーソーラーのパネルは、単結晶・多結晶でシリーズわけされています。
この「シリーズ」で、保証内容も変わってきます。

 

 

単結晶「パンダシリーズ」

 

主力商品です。

 

1枚のパネルに48のセル
「PANDA 48 Cell 40mmシリーズ」7種類。

 

  • 出力・・・195w〜225w
  • 変換効率・・・14.8%〜17.1%
  • 小型タイプで家庭向き

1枚のパネルに60のセル
「PANDA 60 Cell 40mm シリーズ」7種類。

 

  • 出力・・・250w〜280w
  • 変換効率・・・15.3%〜17.1%
  • 大型で、住宅・産業どちらにも使える

 

 

多結晶「YGEシリーズ」

 

1枚のパネルに48のセル
「YGE 48 Cell 40mm シリーズ」7種類

 

  • 出力・・・180w〜210w
  • 変換効率・・・13.9%〜16.2%

1枚のパネルに60のセル
「YGE 60 Cell 40mm シリーズ」7種類

  • 出力・・・230w〜260w
  • 変換効率・・・14.1%〜15.9%

1枚のパネルに72のセル
「YGE 72 Cell 40mm シリーズ」7種類

 

  • 出力・・・280w〜310w
  • 変換効率・・・14.4%〜15.9%
  • パネルが大きく、大規模産業向け

 

パネルの種類を多くすることで、「価格」「出力」の面から
適したパネルを選べるようになっています。

 

保証内容は「一般的」

 

出力保証は25年、システムは10年保証です。
海外製品としては「一般的」。

 

ただし、「出力保証」の内容が、単結晶・多結晶で変わってきます。

 

単結晶の「PANDAシリーズ」

  • 1年目・・・・98%
  • 10年目・・・92%
  • 25年目・・・82%

 

多結晶の「YGEシリーズ」

  • 10年目・・・91.2%
  • 25年目・・・80.7%

 

 

保証内容・パネル性能から、インリーソーラーとしては、「PANDAシリーズ」に
最も力を入れているようです。

 

入手困難!?

 

インリー・グリーンエナジーのブランド、インリーソーラーですが
日本での取扱い販売店は多くはなく、まして住宅用では限られてきてしまいます。

 

中国メーカーですが実績もあり、
またパネルにはアルミフレームを採用し、軽くて丈夫。

 

インリーソーラーを導入したい場合は、
「販売店さがし」が最も重要になってくるでしょう。

 

実績・補償共に審査をクリアした優良業者のみが登録。もちろん希望メーカーも指定できます。【一括見積りサイト・タイナビ】はこちらからどうぞ

 

太陽光発電 インリー・グリーンエナジー(インリーソーラー)の口コミ・評判関連ページ

LIXIL(リクシル)エナジーの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのLIXIL(リクシル)エナジーは、2009年12月に設立した太陽光発電システムの販売会社で、LIXILグループになります。 まだ販売開始から日が浅いせいか、実際に使っている方の【口コミや評判】の情報はほとんどありませんでしたが、検討された方の意見がありました。
ソーラーワールドAGの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのソーラーワールドAGについて、評判や口コミを調べました。口コミや評判について調べましたが、情報はなく、実際に使用されている方の意見も全くありませんでした。 ソーラーワールドAGはドイツに拠点を置くメーカーで、日本ではESI(ヨーロッパ・ソーラー・イノベーション)が総代理店となっています。 ESIは、平成24年7月に設立とまだ新しく、日本国内ではまだまだ認知度の低い会社です。
ソプレイソーラーの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのソプレイソーラーについて調べました。ソプレイソーラーは、2005年設立の中国のメーカーになります。メインターゲットをメガソーラーや公共としているので、一般にはあまり知られていません。 口コミや評判についても、一般向けの情報はなく、実際に使用されている方の意見もありませんでした。
シリケン(siliken)ジャパンの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのシリケン(siliken)について調べました。口コミや評判も調べ、実績や特徴についてご説明します。 シリケン(siliken)は2001年創業の、スペインのメーカーです。2012年6月に日本法人を立ち上げ、本格参入しました。口コミや評判については、一般向けの情報はなく、実際に使用されている方の意見もありませんでした。ただし、一部の太陽光発電に詳しい方がたにはかなり有名なメーカーのようです。
アップソーラーの口コミ・評判
太陽光発電のアップソーラーについて調べました。 実際の口コミや評判もあります。アップソーラーは、2006年に設立された、香港が拠点のメーカーです。その後、ヨーロッパやアメリカ、2010年には「アップソーラージャパン」が設立しました。口コミや評判についても、一般向けの情報はなく、実際に使用されている方の意見もありませんでした。
イソフォトン(ISOFOTON)の口コミ・評判
太陽光発電メーカー・ISOFOTON(イソフォトン)の口コミと評判を集めてみました。イソフォトンは、1981年の技術プロジェクトに端を発し、30年以上の歴史のある会社です。日本では2011年10月に都内に代表事務所を設置。2012年3月に日本法人を設立したばかりです。口コミや評判についても、一般向けの情報はなく、実際に使用されている方の意見もありませんでした。
チャオリーソーラーの口コミ・評判
太陽光発電のチャオリーソーラーについて、口コミと評判を調べました。チャオリーソーラーは、2003年設立の中国の太陽光パネルメーカーです。日本では2010年東京に拠点を設けました。まだ知名度の低いメーカーですので、実際に使用者の「口コミ」は、残念ながら全くありませんでした。しかし、検討された方はいて、検討の理由は「安いから」。設置しなかった理由は「中国(海外)製品は不安だから」。やはり海外製で知名度が低いメーカーは、一般家庭においてはかなり不利なようです。 しかし、メーカーとしての評判は決して悪いばかりではありません。原材料からの「一貫生産」で、品質管理にも定評があります。
ノーリツの口コミ・評判
ノーリツの太陽光発電について、口コミと評判を調べました。「ノーリツ」というと、ガス給湯器のイメージが強いですが、太陽光発電システムも扱っています。以前は三菱製品でしたが、2011年からは「ノーリツ製」のパネルを生産・販売しています。国内メーカーで価格も安いと、口コミではかなり良い評判が目立ちます。
ジャパンソーラーの口コミ・評判
太陽光発電メーカーのジャパンソーラーについて、口コミと評判を調べました。ジャパンソーラーはその名の通り国内メーカーで、平成7年創業の「アンフィニ」の子会社として、平成22年に設立されました。様々なタイプのパネルを取り扱っていて、台湾と中国の自社工場で生産しています。
LS産電の口コミ・評判
太陽光発電メーカーのLS産電の口コミや評判について調べました。LS産電は、20年以上前から太陽光発電事業を行っていた韓国のLGグループから2005年に独立した、韓国のメーカーです。日本には2009年に進出。知名度は低いですが、日本の有名会社が販売を手掛けたこともあり、口コミや評判は悪くありません。